ページへ移動する
【TEAM ABC】

スピンオフアルバム「Acid BLOOD Cherry」大好評発売中です!
様々なクリエイターたちが注いだ〝刺激的な血〟(=Acid BLOOD)を、ぜひご堪能ください!!

アルバムには全10曲収録。
CD+DVD盤では、リード曲「BAD BLOOD」のMUSIC CLIPのほか、特典映像には、インディーズ時代を共に戦って来た盟友との、当時のエピソードを交えた秘蔵トークも収録!
ここでしか話せない、ここでしか見ることのできないスペシャルな対談は必見です!

〝刺激的な血〟(=Acid BLOOD)がたっぷりと染み込んだ、Acid Black Cherryのニューアルバム「Acid BLOOD Cherry」。
その美しくもハードでダークな世界観を、是非ご堪能ください。

「Acid BLOOD Cherry」は、全国CDショップの他に、こちらでもお買い求めいただけます。

・アップライズショップ
CD+DVD盤(通常商品) https://upriseshop.jp/products/detail.php?product_id=867
CD ONLY盤(通常商品) https://upriseshop.jp/products/detail.php?product_id=866

・Amazon
CD+DVD盤(通常商品) http://amzn.to/2t1WiMS
CD ONLY盤(通常商品) http://amzn.to/2s2jXIs

・楽天ブックス
CD+DVD盤(通常商品) http://books.rakuten.co.jp/rb/14901278/
CD ONLY盤(通常商品) http://books.rakuten.co.jp/rb/14901279/

・Janne Da Arc公式モバイルサイト
http://jannedaarc.jp/ (スマホ・フィーチャーフォン)

ページへ移動する
【Acid Black Cherryオリジナルアクセサリー&NEWキャリーケース販売決定!】

このたびアップライズショップにて、“Acid Black Cherryオリジナルアクセサリー”と“NEWキャリーケース”の受注販売を行うことになりました。
今回、受注販売いたしますオリジナルアクセサリーは“マルチリング”と“トゥーリング”の2タイプのリング。
トゥーリングとは足の指に着ける指輪のことです。フリーサイズなのでどの指にも装着することができます。
マルチリングはトゥーリングとしてご使用して頂けますし、ピンキーリングとして手にも装着していただける商品です。両アイテムフリーサイズなので、装着後に自由にサイズを調整することができます。
キャリーケースはNEWデザインのハードケースとソフトケースの2タイプになります。

■販売スケジュール
2017年5月15日(月)18:00~2017年5月22日(月)12:00
※また8月上旬には通常販売(数量限定)を予定しておりますので、詳細は決まり次第お知らせ致します。
アクセサリーとキャリーケースは同梱不可となります。
予めご了承下さい。

商品画像などの詳細はアップライズショップにてご確認ください。
オリジナルアクセサリーはコチラ▶▶▶http://bit.ly/2r83xSu
NEWキャリーケースはコチラ▶▶▶http://bit.ly/2r88PgQ

ページへ移動する
【TEAM ABC】
ブログを更新しました。
「Acid BLOOD Cherry」おさらいです!

http://ameblo.jp/abcdream-cup/entry-12267378801.html

#AcidBLOODCherry

ページへ移動する
【TEAM ABC】
6/21リリース「Acid BLOOD Cherry」各種特典画像公開しました!

http://ameblo.jp/abcdream-cup/entry-12266752443.html

■レーベルサイトには、「Acid Black Cherry 10th Anniversary Special Site」もオープンしています。
コチラでも”BLOOD”の商品情報やライブスケジュールなどがご確認いただけます。
また、オフィシャルFacebookで連載していた「10年の軌跡」も掲載!
ぜひチェックしてください。
http://acidblackcherry.net/abc10thanniversary/

#AcidBLOODCherry

ページへ移動する
【TEAM ABC】
スピンオフ企画アルバム「Acid BLOOD Cherry」発売決定!&ライブツアー決定!

http://ameblo.jp/abcdream-cup/entry-12266408822.html

#AcidBLOODCherry

ページへ移動する

ページへ移動する

ページへ移動する
 2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。

 記念すべき10周年に先駆けて、3月22日に「10th Anniversary Live History -BEST-」と銘打った、初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品を発売した。そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート!
最終日の本日は、武市尚子氏に、今回の振り返り連載で改めて感じたAcid Black Cherryの10年をまとめてもらった。

 “まだ10年”と感じるか、“もう10年”と感じるかは人によって違うものである。

 今回、2007年の始まりから1年1年順を追って思い返してきたことで、Acid Black Cherryの10年と向き合うことが出来た。
 改めて感じたのは、yasuが1つ1つ積み重ねてきた日々が今、10年という歴史を築いてきたのだということだ。

 連載の中でも振り返ったが、ツアーの直前に喉を痛めて、ギリギリの精神状態でツアーを全部まわりきった『Q.E.D.』のツアーファイナルの武道館のステージで、yasuは声を嗄らしながらも唄いきり、最後までいつもと変わらぬ笑顔でファンたちと向き合った。
 yasuが音楽を続ける限り、彼がライヴに向き合うこの姿勢に嘘はないだろう。

この10年間、yasuにインタビューし続けてきた。

“1万人であろうが1人であろうが、全力で同じステージを演る”
“一番の特効は、お客さんの近くにいくこと”

この言葉は、10年前も今もyasuから変わらず発せられている。
そう考えれば、yasuのライブの原点は、やはりライブハウスにあるのではないだろうか。

 それを証拠にyasuは、始まりのシークレットツアーや購入者イベントライヴ、さらには『2015 livehouse tour Sーエスー』と題した、“2015 tour L-エル-”アリーナツアーと平行して全国5ヶ所5公演で行われたファンクラブ限定ツアーでも初心を忘れない証明として自ら“ライヴハウス”という場所を選んでライヴをした。
 yasuは、ホールやアリーナという会場をソールドアウトさせる集客を持ちながらも、あえてこのライヴハウス公演を行なってきたのである。
 
 距離を感じさせないライヴを心がけているyasuは、ホールやアリーナでも、ライヴハウスと変わらぬ熱量でライヴを行っているのだが、インディーズの頃、お客さんを獲るために我武者らだった“あの時のあの場所での想い”を、yasuは忘れることはないのだろうと思う。

 ワンマンライヴに限らず、如何なる場所でもyasuのライヴにかける想いは変わらない。
 2011年から参加している「a-nation」のステージでも、無心でライヴに向き合うyasuの姿があった。
 そんなyasuの姿は、回数を重ねるごとに注目を集めることとなっていき、初登場時は完全な“アウェー戦”であった所から、2016年には“ホーム”と呼べるほどの場所に変えていったのである。
 今回の映像作品の中に収められている「a-nation Live History 2011-2016」にも、そんなライヴハウスでの原点を忘れていないyasuの姿を見ることができる。
 もちろん。“アウェー戦”を“ホーム”にしたのは、yasuだけの力ではない。yasuの作る楽曲を愛し、yasuを支えてきた【TEAM ABC】の力は偉大である。「a-nation」の客席を映した映像からは、出演回数を重ねるごとに、yasuを支えようと集まるTEAM ABCの姿とABCとの絆を深く感じることもできる。

「おい!TEAM ABC!俺たちの凄さ、見せて帰ろうぜ!」

 TEAM ABCと想いを重ね、真摯にライヴに向き合うyasuの姿を見ていると、この先、彼がどんなに広い場所でライヴをしようとも、ファンたちとの心の距離は決して遠ざかることはないと確信するのだ。

 10年という月日の中で成長したのはyasuだけではない。

 例えば。2007年の11月にリリースされたシングル「愛してない」をきっかけにAcid Black Cherryを知ったのが14歳だったとするならば、きっとその当時は“愛してない”という言葉の本当の意味を深く知ることもなかっただろう。しかし、そこから約2年後。2009年の7月にリリースされたシングル「優しい嘘」を聴き、16歳になった少年と少女は、この曲の歌詞の中にある“愛してた”と“愛してる”の過去形と現在形と、“大嫌い”に心をざわつかせ、yasuが歌詞として残したその言葉たちの中に“人を愛することの意味”を見つけようとしたに違いない。
 そして。「愛してない」から10年経った今、24歳になった彼らと彼女たちを取り巻く環境が大きく変化したことで、きっと“人を愛することの本当の意味”を知ることとなり、10年前に、なんとなく惹かれたyasuの唄う“愛してない”の言葉の意味を深く悟っていることだろう。
 10年という時間の経過の中で、親を慕う子供だった自分が、子供に慕われる親という立場に変化した人もいるだろう。
 そう思うと10年というのはとても長く貴重な時間である。

 “何枚売れたかじゃなく、何回聴いてもらえたかが大事”

 とyasuは言う。
 唄とは、聴く人の人生の中に刻まれ、共に歩んでいくものだと私は思う。
 多くの人たちが、yasuの生み出すAcid Black Cherryのサウンドと唄と共に、自分だけの一度きりの人生を大切に生きていってほしい。

 この先も、Acid Black Cherryが素敵な人生のBGMになってくれることを願って――――。


Writer 武市尚子

ページへ移動する
2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。

 記念すべき10周年に先駆けて、3月22日に「10th Anniversary Live History -BEST-」と銘打った、初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品を発売した。そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート!
9回目の本日は、4thアルバム「L-エル-」を発売し、約10ヶ月に及ぶアルバムツアーを行った2015年に迫る!

【2015年】「Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-」

 2015年2月25日。前作『2012』から約3年の時を経てAcid Black Cherryは4枚目となるオリジナルアルバム『L-エル-』をリリースした。
 アルバム『L-エル-』のテーマは“愛”。波乱の人生を送った一人の女性が、その一生をかけて愛を求め生きる姿を描いた物語である。

 3月10日からは、このアルバムを引っさげてのツアー『Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-』がスタート、アリーナ公演などを含めて年末まで続く、ロングツアーとなった。

「tour L-エル-」では、『L-エル-』の物語をイメージさせる映像が差し込まれるなど、アルバムのストーリーを色濃く感じさせ、その世界観へと深く誘う構成だった様に思う。

 「このときのツアーは、1枚のアルバムを10ヶ月かけてじっくりと魅せていけたツアーであったってとこが、いつもと大きく違ったとこだった。どのアーティストさんもそうやと思うけど、それなりの時間をかけて、全力をかけてアルバム制作に向き合うと思うのね。アルバムが完成したらだいたいツアーがあるけど、そこで終わっちゃう感じというか、落ち着いちゃう感じがあるでしょ。その期間って、すごく短い気がしてて。それってすごく寂しいというか、切ないというか。やっぱり長く時間をかけて一生懸命につくったから、聴く時もじっくり長い時間をかけて聴いてほしいなって思う。アルバムって、ツアーをやって初めて完成する感覚やからね。そういう意味でこのアルバムは、長く育てられたのは良かったなって」

 ホールツアーは、長い期間をかけてまわったことから、ライヴ1本1本を分析して、次のライヴに望むことが出来た、充実したツアーであったとyasuは言う。
じっくり時間をかけて向き合ったツアーは、アルバムの世界観だけではなく、Acid Black Cherryのライヴの魅力をさらに際立たせていたように感じた。

「ずっと最初の頃から言い続けてる、【1万人であろうが1人であろうが、全力で同じステージを演る!】っていう気持ちを、アリーナツアーでどれくらい体現できたか分からないけど、一番後ろの人まで“楽しかった~!”とか“ワクワクしたわぁ~!”って思ってもらえてたら嬉しいなって思う」

 そう語っていたyasuのパフォーマンスは、アリーナクラスの会場で、どこの座席にいても楽しめるエンターテインメントを作り出していた。

“人生のピークを決めるのは自分次第”
“エルちゃんの生涯を俯瞰で見てもらって、それを自分の人生と照らし合わせてもらったら、すごく共感してもらえるんじゃないかなと思う”

「arena tour L-エル-」ファイナルの日本武道館でyasuはこう言った。
【愛されること】だけをただただ望んだエルという1人の女性を描いた物語と、10ヶ月にも及んだロングツアーは、観るものにも“人生”とは何かということを考えるきっかけになったのではないだろうか。

 日本武道館のステージで、yasuはこんな話もした。

「僕が年を取っておじいさんになって、この『L-エル-』というアルバムとこのツアーを思い出した時、きっと、またそこでも改めていろいろ感じるんじゃないかって思ったというかね。そんなツアーになったなって思うよ」

 『Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-』は、yasu自身をも大きく成長させた、そんなツアーだったのだと思う。


Writer 武市尚子

ページへ移動する